肌にも悪い顔汗をうまく止めるには?

基本的に汗というのはリンパ節を冷やすことによって改善する場合があります。冷やす場所としては首が一番やりやすいので、この部分に湿らせたタオルを置くことによって、汗が出ないようにすることもできます。ただ一時的な効果に終わってしまう可能性もあるので、暑いと感じたら利用することを検討してください。

この部分さえ冷やしてしまえば、基本的に汗はだらだらと流れないようになります。首の部分は一番リンパが集まっているとされており、ここさえ何とか出来れば汗は掻かないようになります。顔の汗で困っている場合は、まずリンパの部分を冷やすことから始めるといいですが、冷やしすぎることによって身体が悪くなることもあるので、程ほどにしてください。

汗を抑えるとされているツボを押すことによって、多少ですが汗が出ないように調整することができます。特に重要とされているのが合谷と呼ばれる部分のツボであり、この部分を抑えることによって、汗を止められるようになるのです。これは結構大きなポイントですから、覚えておくといいです。

ツボを活用する

この場所は親指と人差し指の間に位置するツボであり、この部分さえ押さえておけば汗が止まる場合もあります。ただ人によってはこれでも効果が出ない場合もあるので、何度かやってみてあまり効果が生まれないようであれば、別の方法を試すことも必要となります。意外と簡単にできる方法であり、上手く行けば汗を抑え込める要因となるため、重宝されています。

ハッカ油には体感温度を下げられる効果を持っているため、これを利用することによって体感温度を下げてしまえば、汗を抑えられる可能性を持っています。利用する際はハッカ油で冷やすことを前提に考えて、とりあえず塗ってみてください。その後で冷える効果が生まれてくることとなりますので、冷えてくるようならある程度の効果が生まれていると思って結構です。

ただこの方法にも注意点があり、場合によっては温度が下がり過ぎて、寒いと感じるような状態を生み出してしまうこともあるのです。そのため気を付けていないとどんどん温度が下がってしまい、体温調節という部分で苦労することになります。上手く利用すれば、一応顔汗を止めることは簡単にできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です