砂糖中毒が肌荒れを悪化させる理由と対策について・・・甘党の方はキケン!

砂糖

甘いものが好きな人は、自然に砂糖の摂取量が多くなりますよね。その砂糖が肌荒れの原因になるとしたら…。
じつは、お菓子によく使われる白砂糖は、ほかの砂糖よりも体に悪影響があると考えられているのです。どういうことなのでしょうか。まずは、白砂糖の製法からチェックしてみましょう。

白砂糖は、上白糖とも呼ばれ、甘みを追求して作られており、糖質が99%を占めている砂糖です。
白砂糖の原料は、さとうきびや甜菜(てんさい)が使われています。同じ原料から作られるものに、三温糖、黒砂糖、水あめなどがありますが、それぞれ製法が違っています。

黒砂糖は、原料からしぼり取った糖液を煮詰めたものなので、ビタミン、ミネラルなどの原料の栄養分がほぼそのまま含まれています。

それに対して、上白糖、三温糖、水あめなどは、原料からしぼり取った糖液を精製して濃縮し、ショ糖を結晶化して取り出したものです。なかでも白砂糖は、結晶同士が固着しないように転化糖が含まれています。そのため、加熱すると焦げやすいという特徴があります。

お菓子の場合、適度に焦げることで、香ばしい香りが立ち、見た目もきつね色やもっと濃い色になって、おいしそうなお菓子が出来上がります。こんがり焼けたクッキーやパンケーキ、プリンのカラメルなど、どれも焦げ色が重要ですよね。
適度に焦げるのが白砂糖の性質なのですが、「焦げ」は、「糖化」というたんぱく質の変化の現れです。そして、この糖化が、体を老化させる一因となると考えられているのです。

精白糖(白砂糖)は身体を糖化を進行させてしまう

精白糖(白砂糖)には、身体を糖化させるはたらきがあります。
糖化とは、糖分がたんぱく質と結びつき、糖化最終生成物(AGEs)を作り出す変化です。たとえば、ホットケーキは焼くと焦げ目がつき、香ばしい香りがするのは、糖化の反応です。

お菓子の場合、糖化はおいしくなる良い変化のように思われるかもしれませんが、糖化しやすい食べ物を摂ったり、高血糖が続いたりすると、体の中でも糖化が進みます。体にとっての糖化は、老化につながるマイナスの変化なので、糖化はできるだけ避けたい現象なのです。

糖化を引き起こしやすい食品はいろいろありますが、その中でも白砂糖は、糖化を進ませる食べ物とされています。その理由は、糖の純度が高く、ビタミンやミネラルなどを含まないからです。

糖化の仕組みと肌荒れの関係について

糖化のメカニズムは、たんぱく質と糖分が結びつき、老化物質であるAGEsを生成するという仕組みです。

血液中の糖分は、食事をすると一時的に増えますが、必要な糖分がエネルギーに変換されると、血中の糖分は減少します。ところが、食事によって急激に糖分が増え、量が多すぎてエネルギーに変換し切れないと、余った糖分は血液中に残ったままになります。その余った糖分がたんぱく質と結びつき、老化物質であるAGEs(糖化最終生成物)を作り出します。

たんぱく質が糖化したAGEsは、茶色く変色して硬くなり、体内のあちこちで悪影響をおよぼします。糖尿病、動脈硬化、腎機能障害、記憶障害にも糖化の影響が出ると考えられているのです。

肌への影響ももちろん起こります。
肌の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンなどはたんぱく質でできていますから、そのものが糖化してAGEsに変質します。AGEsが肌のコラーゲンに蓄積されると、肌がこわばって硬くなり、たるみ、くすみ、しわなどが生じます。肌が黄色っぽくなる黄ぐすみは、糖化の影響です。

こうなるとシワに有効なクリームやシミ消しの美容液などを使っても決して肌はよくなりません。単なる加齢による変化だけでなく、糖化によって肌荒れがいっそう進行していくのです。

糖化を防ぐ!食生活で大切なポイントは

糖化を防ぐには、食生活の工夫も効果的です。
方法としては、次の3つが挙げられます。

糖化を防ぐ方法

・血糖値のコントロール
・調理方法
・抗糖化物質を摂る

糖化を防ぐには、血糖値をゆるやかに上昇、下降させることがポイントになります。白砂糖は純度が高いため、血糖値の急な上昇を招きやすいのです。ゆるやかに上昇させる甘味料に変える、先に野菜を摂るなどの工夫をしましょう。

調理方法でAGEsを抑えることもできます。
AGEsが発生しやすい調理方法は、揚げる、焼く、温めるなど。その反対に、糖化しにくいのが、蒸す、ゆでる、煮るなどの方法です。

糖化を抑える、抗糖化物質を摂るのも有効です。抗糖化食品の代表は、生姜です。抗糖化の数値を測定したところ、生姜はほぼ100%だったという実験結果も出ています。また、緑の葉物野菜、キャベツ、そば、大豆、緑茶なども抗糖化食品になります。

そのほか、食べ過ぎない、ストレスを減らす、適度に運動するなど、基本的な生活習慣を見直すことも、糖化を抑えることにつながりますが、まずは、普段の甘味料を白砂糖からほかのものに変えるのが効果的です。

甘みがあっても身体にやさしい糖類とは

身体にやさしい糖類とは、ゆっくり吸収される糖質が理想的です。
メープルシロップ、はちみつ、オリゴ糖、黒砂糖などは、糖化しにくい甘味料になります。

それぞれ独特の風味があって、単純に白砂糖に置き換えることはできないかもしれませんが、いろいろと使い分けて白砂糖の摂取を抑えるようにしましょう。

また、ゆっくり食べる、野菜を先に食べる、といった食べ方でも、急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖化を抑えることができます。
普段の甘みを身体にやさしい糖類に変え、食べ方も工夫するなどして、肌や健康に影響を与える糖化を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です