肌に対する正しい理解に基づいて保湿ケアを行う

美しい少女

弾力のある若々しい肌をキープするために、保湿は欠かせません。しかし肌の保湿ケアは、ただ水分を肌に当てるだけの単純な方法では行うことができません。

肌の保湿に関わるのは皮脂、天然保湿因子、そして角質細胞間脂質です。まずはこれらがそれぞれの働きを全うできるように心がける必要があります。

しかし残念なことに、これらは年齢を重ねるごとに減っていく傾向にあるために、若者に比べると年を重ねた人の肌は乾燥しやすい状況にあります。

また皮脂は肌の水分が逃げてしまわないようにするためのバリアの役割を果たしていますが、これは肌の一番表側に位置するために、容易に流されてしまいます。

また空気が乾燥していれば、当然のことながら乾燥肌が生じやすくなります。

こうしたことを考慮し、肌の保湿ケアを行う必要があるのです。

また肌の質は一人一人異なります。中には皮脂の分泌量がもともと少ない人や、加齢によって急激に保湿に関わる成分が体から抜け出してしまった人もいます。

そのため体質も考慮しつつ、肌の保湿ケアを行うようにしなければなりません。

どのような保湿ケアが必要か

先にも述べたように、まず気にかけるべきなのは皮脂です。これは過剰分泌されると肌トラブルを生じさせるために、適量に保つ必要があります。

しかし多くの人は皮脂を洗い流しすぎてしまう傾向にあります。

そのため石鹸や洗顔料を用いて洗う回数は、控えめにするべきです。また皮脂は温かいお湯によっても流されてしまいます。

この点もしっかりと思いに留めておくべきです。

またその他の保湿に関わる細胞は良質なたんぱく質の摂取によって増やすことが可能となります。

この点を意識した食事を取ることも、保湿に大きく貢献します。

そして保湿成分を含んだ化粧水などをつけることも効果的です。しかしこの場合、化粧水がしっかりと肌に浸透できるように注意しなければなりません。

乾燥した場所でこのような化粧水を肌に塗るなら、浸透する前に蒸発してしまう恐れがあります。

そのため乾燥した場所での使用は避けるようにします。また時間をかけて浸透するような化粧水の場合、乳液などの油分を含むもので蒸発を防ぐことができます。

確実な効果を期待する人は、化粧水を塗った後に乳液を塗るのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です