砂糖中毒が肌荒れを悪化させる理由と対策について・・・甘党の方はキケン!

砂糖

甘いものが好きな人は、自然に砂糖の摂取量が多くなりますよね。その砂糖が肌荒れの原因になるとしたら…。
じつは、お菓子によく使われる白砂糖は、ほかの砂糖よりも体に悪影響があると考えられているのです。どういうことなのでしょうか。まずは、白砂糖の製法からチェックしてみましょう。

白砂糖は、上白糖とも呼ばれ、甘みを追求して作られており、糖質が99%を占めている砂糖です。
白砂糖の原料は、さとうきびや甜菜(てんさい)が使われています。同じ原料から作られるものに、三温糖、黒砂糖、水あめなどがありますが、それぞれ製法が違っています。

黒砂糖は、原料からしぼり取った糖液を煮詰めたものなので、ビタミン、ミネラルなどの原料の栄養分がほぼそのまま含まれています。

それに対して、上白糖、三温糖、水あめなどは、原料からしぼり取った糖液を精製して濃縮し、ショ糖を結晶化して取り出したものです。なかでも白砂糖は、結晶同士が固着しないように転化糖が含まれています。そのため、加熱すると焦げやすいという特徴があります。

お菓子の場合、適度に焦げることで、香ばしい香りが立ち、見た目もきつね色やもっと濃い色になって、おいしそうなお菓子が出来上がります。こんがり焼けたクッキーやパンケーキ、プリンのカラメルなど、どれも焦げ色が重要ですよね。
適度に焦げるのが白砂糖の性質なのですが、「焦げ」は、「糖化」というたんぱく質の変化の現れです。そして、この糖化が、体を老化させる一因となると考えられているのです。

精白糖(白砂糖)は身体を糖化を進行させてしまう

精白糖(白砂糖)には、身体を糖化させるはたらきがあります。
糖化とは、糖分がたんぱく質と結びつき、糖化最終生成物(AGEs)を作り出す変化です。たとえば、ホットケーキは焼くと焦げ目がつき、香ばしい香りがするのは、糖化の反応です。

お菓子の場合、糖化はおいしくなる良い変化のように思われるかもしれませんが、糖化しやすい食べ物を摂ったり、高血糖が続いたりすると、体の中でも糖化が進みます。体にとっての糖化は、老化につながるマイナスの変化なので、糖化はできるだけ避けたい現象なのです。

糖化を引き起こしやすい食品はいろいろありますが、その中でも白砂糖は、糖化を進ませる食べ物とされています。その理由は、糖の純度が高く、ビタミンやミネラルなどを含まないからです。

糖化の仕組みと肌荒れの関係について

糖化のメカニズムは、たんぱく質と糖分が結びつき、老化物質であるAGEsを生成するという仕組みです。

血液中の糖分は、食事をすると一時的に増えますが、必要な糖分がエネルギーに変換されると、血中の糖分は減少します。ところが、食事によって急激に糖分が増え、量が多すぎてエネルギーに変換し切れないと、余った糖分は血液中に残ったままになります。その余った糖分がたんぱく質と結びつき、老化物質であるAGEs(糖化最終生成物)を作り出します。

たんぱく質が糖化したAGEsは、茶色く変色して硬くなり、体内のあちこちで悪影響をおよぼします。糖尿病、動脈硬化、腎機能障害、記憶障害にも糖化の影響が出ると考えられているのです。

肌への影響ももちろん起こります。
肌の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンなどはたんぱく質でできていますから、そのものが糖化してAGEsに変質します。AGEsが肌のコラーゲンに蓄積されると、肌がこわばって硬くなり、たるみ、くすみ、しわなどが生じます。肌が黄色っぽくなる黄ぐすみは、糖化の影響です。

こうなるとシワに有効なクリームやシミ消しの美容液などを使っても決して肌はよくなりません。単なる加齢による変化だけでなく、糖化によって肌荒れがいっそう進行していくのです。

糖化を防ぐ!食生活で大切なポイントは

糖化を防ぐには、食生活の工夫も効果的です。
方法としては、次の3つが挙げられます。

糖化を防ぐ方法

・血糖値のコントロール
・調理方法
・抗糖化物質を摂る

糖化を防ぐには、血糖値をゆるやかに上昇、下降させることがポイントになります。白砂糖は純度が高いため、血糖値の急な上昇を招きやすいのです。ゆるやかに上昇させる甘味料に変える、先に野菜を摂るなどの工夫をしましょう。

調理方法でAGEsを抑えることもできます。
AGEsが発生しやすい調理方法は、揚げる、焼く、温めるなど。その反対に、糖化しにくいのが、蒸す、ゆでる、煮るなどの方法です。

糖化を抑える、抗糖化物質を摂るのも有効です。抗糖化食品の代表は、生姜です。抗糖化の数値を測定したところ、生姜はほぼ100%だったという実験結果も出ています。また、緑の葉物野菜、キャベツ、そば、大豆、緑茶なども抗糖化食品になります。

そのほか、食べ過ぎない、ストレスを減らす、適度に運動するなど、基本的な生活習慣を見直すことも、糖化を抑えることにつながりますが、まずは、普段の甘味料を白砂糖からほかのものに変えるのが効果的です。

甘みがあっても身体にやさしい糖類とは

身体にやさしい糖類とは、ゆっくり吸収される糖質が理想的です。
メープルシロップ、はちみつ、オリゴ糖、黒砂糖などは、糖化しにくい甘味料になります。

それぞれ独特の風味があって、単純に白砂糖に置き換えることはできないかもしれませんが、いろいろと使い分けて白砂糖の摂取を抑えるようにしましょう。

また、ゆっくり食べる、野菜を先に食べる、といった食べ方でも、急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖化を抑えることができます。
普段の甘みを身体にやさしい糖類に変え、食べ方も工夫するなどして、肌や健康に影響を与える糖化を予防しましょう。


肌にも悪い顔汗をうまく止めるには?

基本的に汗というのはリンパ節を冷やすことによって改善する場合があります。冷やす場所としては首が一番やりやすいので、この部分に湿らせたタオルを置くことによって、汗が出ないようにすることもできます。ただ一時的な効果に終わってしまう可能性もあるので、暑いと感じたら利用することを検討してください。

この部分さえ冷やしてしまえば、基本的に汗はだらだらと流れないようになります。首の部分は一番リンパが集まっているとされており、ここさえ何とか出来れば汗は掻かないようになります。顔の汗で困っている場合は、まずリンパの部分を冷やすことから始めるといいですが、冷やしすぎることによって身体が悪くなることもあるので、程ほどにしてください。

汗を抑えるとされているツボを押すことによって、多少ですが汗が出ないように調整することができます。特に重要とされているのが合谷と呼ばれる部分のツボであり、この部分を抑えることによって、汗を止められるようになるのです。これは結構大きなポイントですから、覚えておくといいです。

ツボを活用する

この場所は親指と人差し指の間に位置するツボであり、この部分さえ押さえておけば汗が止まる場合もあります。ただ人によってはこれでも効果が出ない場合もあるので、何度かやってみてあまり効果が生まれないようであれば、別の方法を試すことも必要となります。意外と簡単にできる方法であり、上手く行けば汗を抑え込める要因となるため、重宝されています。

ハッカ油には体感温度を下げられる効果を持っているため、これを利用することによって体感温度を下げてしまえば、汗を抑えられる可能性を持っています。利用する際はハッカ油で冷やすことを前提に考えて、とりあえず塗ってみてください。その後で冷える効果が生まれてくることとなりますので、冷えてくるようならある程度の効果が生まれていると思って結構です。

ただこの方法にも注意点があり、場合によっては温度が下がり過ぎて、寒いと感じるような状態を生み出してしまうこともあるのです。そのため気を付けていないとどんどん温度が下がってしまい、体温調節という部分で苦労することになります。上手く利用すれば、一応顔汗を止めることは簡単にできます。


アトピー性皮膚炎を徹底的に解説!そのメカニズムと対処法について

アトピー

アトピー性皮膚炎は、湿疹を伴う皮膚炎のことをいいます。強い痒みを伴うことが多く、掻かないようにと思いながらも無意識で掻いてしまい、さらに悪化していくという悪循環に陥りやすい疾患です。乳幼児期に発症する場合が多くなっていますが、最近では大人になってから発症する場合もあります。なかなか根治的な治療がなく、長期的な対策が必要といわれています。

原因については様々な要因が絡み合っていると言われ、断定的な原因は確率されていないのが現状です。主たる原因と挙げられているものは2つあり、①体質的・遺伝的な要素 ②皮膚バリア機能の低下 と言われています。①の場合、親がアトピー性皮膚炎である場合に、子どもがアトピー性皮膚炎を発症する可能性は高いと言われています。

②については、さまざまな要因が複合的に関連するともされ、アレルゲン(原因とされるもの)の除去や皮膚バリア機能を向上させるための適切なスキンケアが大事になってきます。アレルゲンとしては、ハウスダスト(ほこり・カビ・ダニ・ペットの毛など)や食べ物、花粉などとても多岐に渡り、なかなか特定しにくいとも言われています。

アトピー性皮膚炎の対策・治療法は

アトピー性皮膚炎の場合、原因が複合的に絡み合っているという場合が多く、なかなか一元的な方法がありません。湿疹には強い痒みを伴うことが多く、掻いてしまうことで更に悪化していく場合が多くなっています。賛否はありますが、ステロイド外用薬を塗って炎症を抑えることが一般的な治療の流れになるようです。また、皮膚のバリア機能が著しく低下している状態でもあるため、患部の清潔保持と保湿ケアが大事になってきます。

同時にアレルゲンの除去をすることによって、原因になり得るものを排除していきます。原因についてはコレと断定することが難しいアトピー性皮膚炎と言われています。ハウスダストについては、多くの人にとってのアレルゲンであることは間違いありません。こまめな掃除や換気が推奨されています。布団やぬいぐるみにも要注意です。ハウスダストについては0にすることは不可能ですので、神経質になりすぎないことも大切とのことです。

最近は腸内環境の改善が効果的との説も

最近では、アトピー性皮膚炎には腸内環境の改善が効果的という説もあります。アトピー性皮膚炎の患者の場合には、腸内の善玉菌の数が少ないという研究結果もあり、さまざまな機関が研究・開発に取り組んでいます。

腸で吸収した栄養が、血液によって全身に運ばれるわけです。つまり腸内環境が悪ければ、血液にのって悪い栄養素(毒素)をたくさん体に散りばめてしまうということになります。その悪い栄養素とさまざまな細胞がアレルギー反応を起こしている状態なのでは?とも言われています。

つまり、腸内環境悪化による毒素による内的要因と、ハウスダストなどの外的要因とが絡み合ってアトピー性皮膚炎が悪化している可能性もあるということです。

特に注目を浴びているのが乳酸菌です。乳酸菌には、とても多くの種類がありますが、何しろ悪玉菌を抱え込んで排出を促し、腸内環境を良い状態へ導いてくれます。乳酸菌については消耗が激しいので、意識して摂取すると良いそうです。

入浴の仕方で症状は激変する

アトピー性皮膚炎については、入浴の仕方で症状は激変するとも言われます。ポイントは、皮脂を落としすぎないことです。まずは、お湯の温度ですが、熱すぎると皮脂が落ちてしまいます。また、痒みを誘発する原因にもなるます。春・秋は40度、夏は38度、冬は42度が良いとのことです。そしてゆったりとお湯に浸かって、体をリラックスさせてあげます。

最近では保湿成分の含まれた入浴剤もありますので、おすすめです。
次に大事なのは、石けんやシャンプーなどの洗浄剤の選択方法です。何しろ、強すぎる洗浄成分は皮脂を根こそぎ落としてしまいます。アトピー肌用・敏感肌用など、とにかく刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。そして、炎症を起こしている部位については、手でしっかりと泡立てて指の腹で優しく撫でるように洗ってあげて下さい。

炎症のない部分についても、綿素材の吸収性の良いタオルで優しく洗うのが理想です。洗浄剤については、しっかりと洗い流しましょう。

セラミドによるバリア機能の強化も必須

アトピー性皮膚炎には、セラミド成分を含んだ保湿剤でバリア機能の強化も必須です。セラミドとは、皮膚のバリア機能を担っている細胞間脂質の主成分です。アトピー性皮膚炎の場合には、このセラミドがとても少ないために皮膚のバリア機能が低下している状態になっています。

そのため、セラミドを含んだ保湿剤をたっぷり使用してみてください。セラミド配合の保湿剤や化粧品類というのは、基本的にはアトピー肌や敏感肌の人向けの製品が多くなっています。


ココナッツオイルは乾燥肌にもいい|ミラクルフードの凄さ

巷で大注目、売上急上昇といえばのココナッツオイルですが、なぜここまで注目を浴びているのでしょうか。まさに万能、ミラクルフードと言われるココナッツオイルについてご紹介します。

ココナッツオイルは、その名の通り、ココナッツの果肉から抽出したオイルになります。食べて良し、塗って良し。ココナッツ原産国でもある南国の島々では、古くからココナッツオイルを愛用しています。健康的でスタイルも良く、お肌も綺麗!南国美人の秘密は、ココナッツオイルであるとされています。

ココナッツオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、身体に溜まらない脂肪分です。素早く分解されてエネルギーに変換され、体脂肪になりにいのが特徴です。さらに、体内の余分な脂肪分の燃焼も促進してくれるため、ダイエット効果なども高くなっています。また、中鎖脂肪酸油はすぐにエネルギーとなるため、食事療法や栄養補給などにも良いと言われる、良質な脂肪分です。

また、ココナッツオイルの約50%を占めるラウリン酸は、母乳にも含まれている成分です。抗酸化力・抗菌力が高く、免疫力の向上や炎症を抑える効果があります。ココナッツオイルをスキンケア・ヘアケアにも使用することで、内側・外側からの双方向のアプローチが可能となりより健康的な肌や髪を維持できるのです。南国では、怪我などの外傷、肌荒れなどの炎症にもココナッツオイルを塗り込むという万能薬として使われてきた歴史があるそうですよ。

ココナッツオイルが乾燥肌にいい理由

ココナッツオイルを使ったスキンケアも定番となってきました。特に乾燥肌の改善に効果があります。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、分子量が小さいためしっかりと肌の内部へ浸透し、高い保湿力を持ちます。また、ラウリン酸やビタミンEを含むため抗酸化力があり、炎症の鎮静化・紫外線遮断効果・細菌やウイルスの浸透抑制・長時間の保湿力維持などの効果をココナッツオイル単独で、しっかりと補うことができます。

乾燥肌の原因として、皮膚のバリア機能の低下が理由として挙げられます。ココナッツオイルでは乾燥した肌への保湿だけでなく、抗酸化作用を始め皮膚の健康を取り戻すための成分が含まれていますので、バリア機能の正常化へ向けた回復効果があると言われています。

ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの違いは

ココナッツオイルには、市販されているもので3つの種類があります。①ココナッツオイル ②ヴァージンココナッツオイル ③エクストラヴァージンココナッツオイルです。

①ココナッツオイルとは、RBD(=精製・漂泊・脱臭)ココナッツオイルとも言われますが、化学的に抽出されたオイルとなります。美容や健康のための効果はほとんどないと言えますので、ココナッツオイルの抽出方法が違うということを覚えておいてください。
②ヴァージンココナッツオイルとは、これこそが最近巷で大注目のココナッツオイルです。食べて良し、塗って良し!です。ヴァージンとは、天然の・純粋な・混合物のないといった意味で使用されます。
③エクストラヴァージンココナッツオイルとは、特に香りが良く、特に質の高いオイルであるという意味です。しかし、実は日本国内では“エクストラ”の表記に基準値がありません。そのため、海外ではただのヴァージンココナッツオイルであるのに、日本国内ではエクストラヴァージンココナッツオイルとなっている場合があるとのことです。

いずれにしても、美容と健康のために使うのであれば、“ヴァージン”以上の規格製品を購入するようにしてください。

ココナッツオイルをうまく摂れるレシピは

ココナッツオイルは独特の風味と香りがあるため、食べて良し!なのですが慣れるまでは気になる・・・、という方も多いかもしれません。

ココナッツオイルをうまく摂れるレシピとしては、①コーヒーや紅茶に数滴 ②トースト ③カレー などがおすすめです。①コーヒーや紅茶には、淹れたての熱いうちに数滴オイルを垂らすのがおすすめです。ココナッツの香りがふっと立ち、フレーバーコーヒー、フレーバーティーのように飲むことができます。 

②トーストでは、食パンにココナッツオイルを塗って、お砂糖をふりかけてトーストすると美味しく食べられます。バナナ&シナモンをプラスするのもおすすめです。 ③カレーには、炒めオイルとして使っても◎です。煮込みなたら数滴垂らすのも良いです。独特の風味などはあまり感じず、効果的に食べることができます。

ココナッツオイルを愛用している主な著名人は

ココナッツオイルを愛用している主な著名人は、まずは海外セレブではミランダ・カーさん、アンジェリーナ・ジョリーさん、マドンナさんですね。ミランダ・カーさんが日本でTV出演時にココナッツオイルを紹介したあとから爆発的に売れたと言われています。

そして国内では、ローラさん、吉川ひなのさん、石原さとみさん、蜷川実花さんなど、とっても肌が綺麗で若々しい印象のあるモデルさん、女優さんが多くいます。


最新美肌治療のグロスピールについて

品川スキンクリニック

品川スキンクリニックでは、美白やたるみなどのアンチエイジングなど様々な美肌治療を受ける事ができます。

その中で最新の治療として注目されているのがグロスピールと呼ばれるものです。

グロスピールは、今までのピーリングでヒリヒリしたり赤みが出てしまったような人でも受けられるようになっている治療で、果実のエキスを使用しているのが特徴です。

果実のエキスに含まれている抗酸化作用も肌に働きかけてくれるので、通常のピーリングよりも肌をしっかり保湿できて、潤う力もアップするとされています。

そして施術してすぐにモチモチのお肌を実感できるのも嬉しい点です。ざらつきやくすみが取れてツルツルになります。継続することで毛穴の悩みなども解決していきます。

悩みに応じて3種類の薬剤からピーリングに使うものを選ぶことができます。

もちろん組み合わせて使うこともできます。

水分の供給と抗酸化作用は全ての薬剤に共通しています。ニキビが気になる人のためのアクレス、シミやそばかすが気になる人のためのメラリス、しわが気になる人のためのエゼリスがあります。

気になるグロスピールの施術効果は?

グロスピールの施術方法は、洗顔後のお肌に薬剤を塗布して、一定の時間置いてからスポンジで丁寧に拭き取りを行います。

その後に泡パックを塗布し、これも時間を置いて拭き取ります。

最後に専用の美容液を塗布して施術終了です。各薬剤に配合されている果実のエキスは少しずつ異なっています。

保湿成分はどれもしっかりと配合されているので、ピーリング後に肌がカサカサになることはありません。

ピーリング中に感じるヒリヒリした感じも、グロスピールの場合はほとんどありませんので安心です。グロスピールを行った後は、毛穴が目立たなくなっています。

ブツブツやザラザラも無くなり、つるんとむきたまごのようなお肌になります。

そばかすやシミは1回できれいに消えるというものではありませんが、肌全体のトーンがアップして明るくなります。

1回で肌への効果は実感できますが、毛穴の汚れは毎日蓄積されていきますので、定期的に施術を受けてきれいにしていくのがおすすめです。

通常のピーリングは皮膚が薄い人はあまり行わないほうが良いと言われていますが、グロスピールの場合は敏感肌でも受けることは可能です。

まずはカウンセリングで相談してみて下さい。


肌に対する正しい理解に基づいて保湿ケアを行う

美しい少女

弾力のある若々しい肌をキープするために、保湿は欠かせません。しかし肌の保湿ケアは、ただ水分を肌に当てるだけの単純な方法では行うことができません。

肌の保湿に関わるのは皮脂、天然保湿因子、そして角質細胞間脂質です。まずはこれらがそれぞれの働きを全うできるように心がける必要があります。

しかし残念なことに、これらは年齢を重ねるごとに減っていく傾向にあるために、若者に比べると年を重ねた人の肌は乾燥しやすい状況にあります。

また皮脂は肌の水分が逃げてしまわないようにするためのバリアの役割を果たしていますが、これは肌の一番表側に位置するために、容易に流されてしまいます。

また空気が乾燥していれば、当然のことながら乾燥肌が生じやすくなります。

こうしたことを考慮し、肌の保湿ケアを行う必要があるのです。

また肌の質は一人一人異なります。中には皮脂の分泌量がもともと少ない人や、加齢によって急激に保湿に関わる成分が体から抜け出してしまった人もいます。

そのため体質も考慮しつつ、肌の保湿ケアを行うようにしなければなりません。

どのような保湿ケアが必要か

先にも述べたように、まず気にかけるべきなのは皮脂です。これは過剰分泌されると肌トラブルを生じさせるために、適量に保つ必要があります。

しかし多くの人は皮脂を洗い流しすぎてしまう傾向にあります。

そのため石鹸や洗顔料を用いて洗う回数は、控えめにするべきです。また皮脂は温かいお湯によっても流されてしまいます。

この点もしっかりと思いに留めておくべきです。

またその他の保湿に関わる細胞は良質なたんぱく質の摂取によって増やすことが可能となります。

この点を意識した食事を取ることも、保湿に大きく貢献します。

そして保湿成分を含んだ化粧水などをつけることも効果的です。しかしこの場合、化粧水がしっかりと肌に浸透できるように注意しなければなりません。

乾燥した場所でこのような化粧水を肌に塗るなら、浸透する前に蒸発してしまう恐れがあります。

そのため乾燥した場所での使用は避けるようにします。また時間をかけて浸透するような化粧水の場合、乳液などの油分を含むもので蒸発を防ぐことができます。

確実な効果を期待する人は、化粧水を塗った後に乳液を塗るのがベストです。